【読書感想文】米原 万里 『旅行者の朝食』

内容(「BOOK」データベースより)
さる賢人曰く、人類は以下の二つに分類される。「食べるために生きるのではなく、生きるためにこそ食べる」「生きるために食べるのではなく、食べるためにこそ生きる」さて、あなたはどちらのタイプ?グルメ・エッセイロシア風味。

旅行グルメ本みたいなタイトルですが、旅行の要素はほとんどなく、食べ物エッセイ。

食べ物エッセイとはいえ、さすがはチェコで幼少期をすごし、ロシア語同時通訳者として活躍した米原万里。
単なるうまいものコレクションでは終わらせません。

ヨーロッパ、ロシアの食べ物。
昔の食べ物。
おとぎ話に出てくる食べ物。
いとも簡単に場所を超え、時を超え、虚実を超え、読者をはるか遠くの食卓へと連れて行ってくれます。
絵本に出てきた食べ物ってほんとにおいしそうに見えるんですよねえ。
有名なところだとぐりとぐらのホットケーキとか。
「バターミルク」も歓楽的な響きですよねえ。実際はまずいらしいですけど。


ちょっとした思いつきから、丹念に資料を調べて真実をつきとめるところも米原万里のすごいところ。
西洋料理に欠かせないと思われているジャガイモが、ヨーロッパで食べられるようになったのは実は最近である(むしろヨーロッパでは嫌われつづけていた)ことを調べ上げた『ジャガイモが根付くまで』は実に感動的なノンフィクションです。



特に印象に残ったのは、日本でもおなじみの絵本『ちびくろサンボ』の舞台を考察した章。

みなさん、あの話の舞台ってどこだと思ってました?

アフリカ?
ぼくもそう思ってました。

絵本のイラストでは明らかにサンボはブラックアフリカ(南アフリカ)系の黒人です。

でも、「サンボ」やその両親「ジャンボ」「マンボ」という名は南米やネパールでよくある名前。

虎が出てきますが、虎が生息しているのはアフリカではなくアジア。

物語の最後にホットケーキを食べるが、物語が書かれた時代にホットケーキを食す習慣があったのはアメリカやイギリス。

アフリカ? 南米? アジア? 英米?

はたして『ちびくろサンボ』はどこの国のお話なのか?


答えは、この本を読んでください。
推理小説のような名推理が味わえますよ。


0 件のコメント:

コメントを投稿