【読書感想文】 貴志 祐介『鍵のかかった部屋』

貴志 祐介『鍵のかかった部屋』

内容(「BOOK」データベースより)

元・空き巣狙いの会田は、甥が練炭自殺をしたらしい瞬間に偶然居合わせる。ドアにはサムターン錠がかかったうえ目張りまでされ、完全な密室状態。だが防犯コンサルタント(本職は泥棒!?)の榎本と弁護士の純子は、これは計画的な殺人ではないかと疑う(「鍵のかかった部屋」)。ほか、欠陥住宅の密室、舞台本番中の密室など、驚天動地の密室トリック4連発。あなたはこの密室を解き明かせるか!?防犯探偵・榎本シリーズ、第3弾。
あれあれあれ。
貴志祐介ってこんなつまらない小説も書いてたのか。

ってのが第一印象。
『青の炎』『悪の経典』『新世界より』が大傑作だったし、『天使の囀り』も悪くなかったので、この人の作品ならはずれはないだろうと思って手に取ったのですが、まあ見事にはずれでした。


密室殺人を題材にした短篇が4篇。
トリック自体にはもとより期待していませんでした。
密室トリックはやりつくされているから、今さら目を見張るような新奇なトリックはまず生まれないでしょう。
あえてそのレッドオーシャンに踏み込んでいった勇気は買いますが、やっぱり「うん、よく考えたなとは思うけど、おもしろさとは別物だよね」ってな印象でした。
(表題作『鍵のかかった部屋』だけはおもしろいトリックだったけど)


4話とも、女性弁護士と防犯コンサルタントが出てきて推理をくりひろげます。
シリーズ物らしく、他の作品にも出てくるようです(読んでないけど)。
が、この2人がなんともつまらない。
ふつうシリーズもののミステリって、きわだった個性の持ち主を主役・準主役に据えるものだけど、まあ2人とも魅力がありません。
特に弁護士のほうは、「ただばかなだけ」という、どうしようもないキャラクターで、ワトソン役すら務まっていないし、かといって笑えるようなばかさでもない。
読んでいてどんどん嫌いになるキャラクターでした。
ちなみに『悪の経典』の蓮見教師もものすごく嫌な人物でしたが、彼がそこが魅力でした。
優秀な悪人はものすごく魅力的で、愚鈍な善人は読んでいていらいらする。同じ作家の登場人物なのに、見事に正反対ですね。



貴志祐介って、嫌なやつとか人間の醜さとかを書くのはものすごく上手なのに、正義のヒーローを書くのはへたなんですねえ。この本だけかもしれませんが。

そしてユーモア作品を書くのはもうやめたほうがいいな......。
『密室劇場』は、作者の狙いがことごとく上滑りしていて、読むに耐えなかったよ......。


0 件のコメント:

コメントを投稿