2016年7月19日火曜日

【読書感想文】桐野夏生 『東京島』

このエントリーをはてなブックマークに追加

桐野夏生 『東京島』


内容(「BOOK」データベースより)
清子は、暴風雨により、孤島に流れついた。夫との酔狂な世界一周クルーズの最中のこと。その後、日本の若者、謎めいた中国人が漂着する。三十一人、その全てが男だ。救出の見込みは依然なく、夫・隆も喪った。だが、たったひとりの女には違いない。求められ争われ、清子は女王の悦びに震える―。東京島と名づけられた小宇宙に産み落とされた、新たな創世紀。谷崎潤一郎賞受賞作。

アナタハンの女王事件をモデルにした小説。
実際にあった事件を下地にしているとはいえ、かなりショッキングな設定ですが、設定を存分に活かしたサバイバルゲーム的な物語ではありません。
Amazonでも低評価のレビューが多かったのですが、たぶんそういう小説(『インシテミル』『バトル・ロワイヤル』みたいなやつね)のつもりで読んだのではないでしょうか。
それだとがっかりするでしょうね。


桐野夏生の作品を読んだことのある人なら予想できるでしょうが、みんなが力を合わせて生還をめざす冒険小説でもありませんし、知恵と勇気で悪を倒すバトルもありません。
なんとか人を出しぬこう、自分だけが助かろうとする人たちしか出てこない小説です。
シチュエーション的にも、展開的にも、ゴールディングの『蠅の王』を思い出させる内容でした。


『東京島』は、「この後どうなるんだろう。はたして助かるんだろうか?」とはらはらしながら読むものではありません。
「こいつらほんとクズだな」と楽しみながら読む小説。そして、それを楽しんでいるクズ(=自分)と向き合いながら読む小説です。
クズにおすすめする小説。もちろんぼくは楽しめました!

善人は桐野夏生を読んでないで『十五少年漂流記』でも読んでやがれ!



とはいえ、展開も一筋縄ではいきません。
アナタハンの女王事件を知っていたので、たった一人の女をめぐって男たちが争う話だと思っていたのですが、それは前半まで。
中盤から、主人公である清子は求められなくなるばかりか、疎まれ、憎まれ、無視されます。

ああ、この感じ、わかるなあ。

ぼくが学生時代入っていたサークルもそんな感じでした。
男の比率が極端に高かったから、たまに新入生の女性がやってくると、一部のメンバーはあからさまに近寄っていき(そして水面下で激しい争いをくりひろげ)、かと思うと一部のメンバーはそんな状況に嫌気がさして、「もういっそ女がいないほうがいいのに」とぼやいたりしていました。

当時はまだ「サークルクラッシャー」という言葉はありませんでしたが、いつの時代も、そしてどんな環境でも、人間がやることって変わらないのかもしれませんねえ。



このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿