2016年6月21日火曜日

【読書感想文】 清水潔 『殺人犯はそこにいる』


清水潔 『殺人犯はそこにいる』(新潮社)


内容(「BOOK」データベースより)5人の少女が姿を消した。群馬と栃木の県境、半径10キロという狭いエリアで。同一犯による連続事件ではないのか?なぜ「足利事件」だけが“解決済み”なのか? 執念の取材は前代未聞の「冤罪事件」と野放しの「真犯人」、そして司法の闇を炙り出す―。新潮ドキュメント賞、日本推理作家協会賞受賞。日本中に衝撃を与え、「調査報道のバイブル」と絶賛された事件ノンフィクション。


横山秀夫や(かつての)宮部みゆきのような社会派ミステリが好きなのですが、清水潔のような優れたノンフィクションを読むと、「事実は小説よりも……」という月並みな感想しか出てこない。
どんなすごい小説も、やはり事実には適わない。

なにしろ、一介の記者が、連続誘拐殺人事件の犯人として服役していた人物の無実を証明し、裁判をひっくり返し、警察と検察の嘘を暴き、さらには真犯人まで見つけてしまうのですから。
それも大手新聞の記者などではなく、週刊誌の記者が、です。

こんな筋のミステリ小説を書いたら、「警察よりも新聞記者よりも先に、週刊記者が真実にたどりつくなんてありえない」と言われてしまいそうなぐらいの出来事ですね。


エンタテイメントよりもおもしろく、ホラーよりも恐ろしい。
なにしろ真犯人はほぼわかっているのにまだ捕まっていないのだから。

ひさびさに「読みながら全身の血が震える」という感覚を味わいました。
全ジャーナリスト、全捜査関係者に読んでほしい一冊です。
というか財布に1,744円以上入っている人には全員買って読んでほしい。


この本を読んでいると、警察はもちろん、警察の発表をそのまま垂れ流していた報道機関に対してもむかむかとしてきます。
無実の人間を糾弾しておいて、冤罪だったことが明らかになるとたちまち手のひらを返して、自分は何も悪くないとばかりに警察叩きに終始するマスコミ。



「足利事件」の冤罪報道はぼくもよく覚えていますが、「無実の人を犯人扱いしたことをお詫びします」と伝えていたテレビ局は、ぼくの知っているかぎり1社もありませんでした(さすがに新聞は気持ち程度の反省記事を書いていましたが)。

ただその一件をもってして「マスゴミ」などと断罪する資格は、ぼくのような傍観者にはないと思います。
それに、無実の人を社会的に裁いたのもマスコミなら、無実の人を救ったのもまたマスコミですし。
糾弾していいのは、冤罪であることを証明するために行動を起こした人だけでしょう(とはいえ、過去の報道に対する深い反省はあってしかるべきだと思いますけど)。



こうした冤罪事件は今後も起こるでしょう。
そうなったら警察は身内を守るために嘘をつくでしょうし、マスコミは警察の発表をそのまま報道してしまうでしょう。

それを防ぐことはできないと思います。
組織が自らの不利益になるために行動することなんてありえないのですから。
ある程度の分別のある大人なら、自浄作用なんて期待するだけ無駄だということをわかっています。
だったら、どういうシステムを構築すれば被害を最小限にできるかに知恵を絞ったほうが効率的です。

ぼくは、事件の大小に関わらず、刑事事件の容疑者の氏名を公開することをやめればいいいと思います。
あれってどういう意味があるのでしょう?
「先日起こった殺人事件の容疑者が身柄を拘束されました」だけでいいのではないでしょうか。
顔写真とか氏名とか年齢とか職業とか中学校の文集とかを日本中に公開する必要ってどこにあるのでしょうか。

「おれは犯人のツラをおがんで溜飲をさげたいぜ」という人だっているでしょう。
「犯罪者は、悪いことをしたという過去を一生引きずっていけばいいんだ。社会更正なんてしなくていいんだよ」という人だっているでしょう。
それはそれでひとつの考え方です。
でもそれは今の日本の法律に則した考え方ではありません。刑法では罰金刑や懲役刑、あるいは死刑が定められていますが、それ以上の社会的制裁を課すことは定めていません。

インターネット出現以前であればよほどの大事件をのぞけば犯人の名前なんてすぐに人々の記憶からは消えていたでしょうが、名前を検索すればすぐに何年も前の事件が明らかになる現代においては、より社会的制裁の影響は大きくなっています。
「1年間刑務所に入るより自分の名前が犯罪者としてインターネットに残りつづけるほううがキツい」と思う人のほうが多いでしょう。
刑法で定められているよりも大きな罰を与える(私刑をする)権利がマスコミにあるのでしょうか。

「そうはいってもわたしは犯人の卒業文集が読みたいわ。ざまあみろと思って胸がすっとするから」という人は、それを人前でも言えますか。

たいていの人は言えないでしょう、それは「心の醜さをうつしだした願望」だからです。
そういう気持ちはぼくにもあります(人一倍強いぐらいです)が、やはり司法国家においてはそういうどす黒い欲望と刑罰は切り離して考えたほうがいい。
刑法は、復讐心や野次馬根性を満たすためにあるわけではありません。


まして [容疑者] の段階で大きく氏名を報じるなんて言語道断です。
容疑者が犯人でなかった場合の補償なんか誰にもできないでしょう。

それに、氏名が公開されないほうが再犯率が下がるのではないでしょうか。社会復帰してまともな職につきやすくなるわけですから。



というわけでぼくが提案する、犯人の実名報道に関するルールは以下の通り。

・未成年にかぎらず、すべての事件の容疑者の実名は捜査関係者、司法関係者、保護観察官、保護司以外には公表しない。

・裁判で死刑または無期懲役が確定した場合にのみ、氏名を一般にも公表する(事件が重大であるためと、加害者が社会復帰する可能性がほぼないため)。

・政治家の収賄など、市民の代表として選ばれたものがその立場を利用して犯した罪に関しては、以降の選挙に反省を活かすために例外的に公開する(ただしこれも刑が確定してから)。

・上記の規則を破ったものに対しては、刑事罰は課さないが、「醜い野次馬根性を満たすために規定を守らなかったもの」として氏名を公開する!


いかがなものでしょう?




0 件のコメント:

コメントを投稿