2016年4月23日土曜日

【読書感想文】マイケル・サンデル『それをお金で買いますか』

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
マイケル・サンデル『それをお金で買いますか』
内容(「BOOK」データベースより)
刑務所の独房を1晩82ドルで格上げ、インドの代理母は6250ドル、製薬会社で人間モルモットになると7500ドル。あらゆるものがお金で取引される行き過ぎた市場主義に、NHK「ハーバード白熱教室」のサンデル教授が鋭く切りこむ。「お金の論理」が私たちの生活にまで及んできた具体的なケースを通じて、お金では買えない道徳的・市民的「善」を問う。ベストセラー『これからの「正義」の話をしよう』に続く話題の書。

「金で買えないものはない」
という人がいます。
もちろん、そんなことはない。
お金で買えないものはある。
たとえば「お釣り」とか。もらうことはできても買うことはできない。
はい、利かせてみましたよ。とんちを。


「世の中お金じゃない」
という人がいます。
これもうそです。
お金なしで生きていくのは不可能。
田舎で畑をつくって自給自足の生活をしている人はいるでしょうが、大気や安全も誰かのお金によって守られていると考えると、その人もお金の恩恵を受けて生きているわけです。
畑泥棒が跋扈する世の中では自給自足の生活は送れませんからね。


大概のものはお金で取引可能だけど、そうではないものもある。
じゃあその境界線ってどこにあるの?
いや、どこに境界線を引くのが正しいの?

という問いに対してじっくり考察したのが『それをお金で買いますか』です。



たとえば、こんな例。

絶滅の危機に瀕しているアフリカのクロサイ。絶滅危惧種なのでもちろん猟は禁じられているが、なんと15万ドルを払えばクロサイを撃ち殺す権利が買える。


と聞くと、動物の命も金次第か、とイヤな気持ちになるでしょう。
ところが、ことはそう単純な話ではありません。
クロサイを撃つ権利をハンターに販売できることで、民間の牧場主はクロサイを保護して繁殖させるインセンティブが得られます。
結果として、クロサイの数は回復しはじめています。

クロサイを殺す権利を金で売ることができるようになったことで、種全体としてはクロサイは守られているわけです。

それでも、快楽のためにクロサイを殺す権利を売ることはいけないのか?
難しいところですよね……。



この本を読んで思うのは、お金の扱いって難しい。
こんな例もあります。


たとえば、増えつづける行動経済学者の一人であるダン・アリエリーは、一連の実験を通じて次のことを明らかにした。何かをやってもらうためにお金を払っても、無料でやってくれるよう頼む場合ほどの努力を引き出せないことがあるのだ。(中略)全米退職者協会はある弁護士団体に、一時間あたり三〇ドルという割引料金で、貧しい退職者の法律相談に乗ってくれるかどうかをたずねた。弁護士団体は断った。そこで退職者協会は、貧しい退職者の法律相談に無料で乗ってくれるかどうかをたずねた。今度は弁護士団体も承諾した。市場取引ではなく事前活動への取り組みを要請されていることがはっきりすると、弁護士たちは思いやりをもって対応したのである。


これはわかりますね……。
ぼくも、友人に「引っ越しするから手伝いにきてよ」と言われたら「しょうがないな」と云いながらも手伝いにいきます。

でも「1,000円あげるから引っ越し手伝いにきてよ」と言われたら、「1,000円ぐらいで来ると思うなよ」と行きたくなくなります。

お金って、たくさん欲しいけど、いついかなるときでも欲しいかというと、そうでもないんですよね……。


べつにきれいごとをいうわけじゃないですけど、お金で売り買いしてほしくない領域ってあるんですよね。

最後に、なるほどそのとおり! と思わず膝を打った文章をご紹介。


これで、この数十年間が貧困家庭や中流家庭にとってとりわけ厳しい時代だった理由がわかる。貧富の差が拡大しただけではない。あらゆるものが商品となってしまったせいで、お金の重要性が増し、不平等の刺すような痛みがいっそうひどくなったのである。


そうなんですよね、すべてが商品になるって、しんどいことなんですよ……。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿